詳細検索
  1. ホーム
  2. 公演を探す
  3. 『パンドラの鐘』の公演詳細
詳細検索

20世紀最後の超大作「パンドラの鐘」が世紀を超えて蘇る!
初舞台の成田凌と、葵わかなのダブル主演で上演!

1999年に蜷川幸雄のご指名で野田秀樹によって産み落とされた『パンドラの鐘』。当時、ともに世界の舞台で戦ってきた、日本の演劇界を代表する二大巨頭である 、蜷川と野田自身によって 、Bunkamuraシアターコクーンと世田谷パブリックシアターの二館で同時期に上演した上に、蜷川は“岩”、野田は“紙”と、同じ作品ながら全く違ったモチーフとアプローチで作品を創り上げ、世紀の競演は演劇界に一大センセーションを巻き起こし ました。

現役のまま惜しまれつつ2016 年にこの世を去った前芸術監督・蜷川幸雄の七回忌を迎える2022年に、NINAGAWA
MEMORIAL ”と題し、東京・大阪にて待望の上演となります。

この記念すべき公演が、蜷川作品より多大な影響を受け、アングラ、シェイクスピア、海外戯曲、歌舞伎まで様々なジャンルの作品を手掛けている、次世代の演劇界を担う気鋭の若手演出家、杉原邦生の手によって再び現代に蘇ります。

脇を固めるのは前田敦子、柄本時生、南果歩、白石加代子など確かな演技力を持つ豪華俳優陣の面々!

ぜひご期待ください!

COCOON PRODUCTION 2022 NINAGAWA MEMORIAL

『パンドラの鐘』

【お知らせ】

2022.5.22 一般発売開始

5/22(日) 10:00より一般発売が開始いたしました。
こちらの公演ページ下までスクロールいただきますと、各プレイガイドでの購入リンクがございますのでそちらよりチケットをご購入いただけます。

2022.5.15 取材会レポート

先日行われた取材会の模様を掲載しております。
読み応えたっぷりな内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
登壇 成田凌・葵わかな・杉原邦生

2022.5.14 稽古場レポート

現在絶賛稽古中の東京の現場から、稽古場レポートが届きました。
それぞれの役者の魅力や、役柄、作品、演出についてと盛りだくさんな内容になっております。

2022.4.1 KEP ONLINE

■舞台「パンドラの鐘」主演の成田凌、葵わかなが意気込みを語る。

野田秀樹による作品誕生の秘話や、演出家杉原邦生、ビジュアル撮影担当蜷川実花の想いも掲載。
ぜひご覧ください。

2022.3.27 主催者(KYODO)先行開始

主催者先行受付は、終了いたしました。

たくさんのお申込み、ありがとうございました。

 

■作
野田秀樹
■演出
杉原邦生

■出演
成田 凌 葵 わかな
前田敦子 玉置玲央 大鶴佐助
柄本時生 片岡亀蔵 南 果歩 白石加代子 ほか

日時

2022/07/02(土)~2022/07/05(火) ≪全5回≫

13:00 17:30
7/2(土)
7/3(日)
7/4(月)
7/5(火)
会場 森ノ宮ピロティホール
金額(税込)

¥11,500

備考

全席指定
※未就学児入場不可。

発売日 発売中

チケットのご購入はこちらから

チケットぴあ

[Pコード:511-119]

Web受付

ローソンチケット

[Lコード:52941]

Web受付

CNプレイガイド

Web受付

イープラス

Web受付

楽天チケット

Web受付
《重要なお知らせ》 ネットオークション、チケット売買サイト、金券ショップなどで、転売チケットを買われたと確認されたお客様はご入場をお断りさせていただく可能性がございます。チケットは正規販売店(上記プレイガイド)でご購入ください。