詳細検索
  1. ホーム
  2. NEWS
  3. 細野観光、大阪へ。細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2021」大阪での開催決定
詳細検索

NEWS お知らせ

2021/10/4

細野観光、大阪へ。細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2021」大阪での開催決定

一昨年の2019年に、なんと音楽活動開始から50周年を迎えたことをきっかけに、改めてその評価が国内外で高まっている日本音楽界の至宝・細野晴臣。その後も新作のリリースをはじめとして、過去作品のアナログ化、リイシューなどが続き、世界中の音楽ファンを楽しませてくれている。先日も、2019年に行ったUSツアーのライブドキュメンタリー映画、「SAYONARA AMERICA」の11月12日公開が発表されたばかり。
そんな細野晴臣のデビュー50周年記念展「細野観光1969 – 2019」が、「細野観光1969 - 2021」として来る11月12日より、グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボにて再び開催されることが決定!2019年に六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーで開催され大好評を博した展覧会がついに大阪でも開催となる。
チケットは10月2日(土)より先行予約実施中。(e+(イープラス) https://eplus.jp/hosonokankou/)

「細野観光1969 – 2021」は、細野晴臣がデビューした1969年から、2021年までの50数年の軌跡を、「情景の音楽」、「楽園の音楽」、「東京の音楽」、「彼岸の音楽」、「記憶の音楽」という5つの年代から巡るビジュアル年表を中心に、音楽、写真、映像、ギター・世界各地の楽器コレクション、音楽ノート、ブックコレクション(細野文庫)などを通じて、来場者が体験する展覧会となっている。

今回は、細野晴臣が描いたイラストがデザインされたチケットケース等のグッズ付きチケットや、学生チケットも登場。さらに2年前の六本木での開催時に、こちらも大好評だった“図録「細野観光」”の増補版の発売も決定。これは「活動年表」をベースに、写真・ポスターなどのビジュアル、歴代の使用楽器、創作ノート、過去の発言などを組み合わせた、資料的価値の高い1冊だったが、8000字を超える細野晴臣語り下ろしインタビューが新規収録されるなど、さらにその価値が高まった一冊となっている。こちらもお楽しみに。

開催地の「グランフロント大阪」は、大阪の中心地、梅田に広がる西日本最大級の複合施設で、JR大阪駅から直結というアクセスも抜群の人気スポット。会期中このグランフロント大阪の1Fにある「カフェラボ」と、「細野観光」とのコラボも決定。(コラボメニューの詳細は後日発表) また、「細野観光」展開催のグランフロント大阪のお隣にある大阪ステーションシネマでは、前述の映画「SAYONARA AMERICA」の上映が「細野観光」と同時に公開スタートするなど、11月の大阪は細野晴臣一色となる。

細野観光1969 – 2021 5つの展示構成

1969~1973|憧憬の音楽
1969年デビューのバンド、エイプリル・フールから、ロックのサウンドと日本語の歌詞を融合させ、日本語ロックを確立させ、今なおファンが多いはっぴいえんどのアルバム・デビュー~ラスト・ライブまでをご紹介。

1974~1978|楽園の音楽
1stソロ・アルバム『HOSONO HOUSE』リリースから、トロピカル三部作と称される3枚のソロ・アルバム発表までをご紹介。また、同時期のキャラメル・ママ~ティン・パン・アレーでの活動をご紹介。

1979~1983|東京の音楽
シンセサイザーを大胆に用い、日本だけではなく世界を圧巻したイエロー・マジック・オーケストラの結成から散開まで。またこのころから開始したプロデューサー、作曲家としての活動をご紹介。

1984~2004|悲願の音楽
ワールド・ミュージック、ミニマルなアンビエント・ミュージック、スウィング・スローといった氏の音楽の変遷や、高橋幸宏と結成したスケッチ・ショウでの辿り着いたエレクトロニカ時代をご紹介。

2005~現在|記憶の音楽
2005年のハイドパーク・ミュージック・フェスティバルを機に活発化した自らヴォーカルを取るライブ活動等から、記憶に埋もれた良い音楽を後世に残していきたいという気持ちが大きくなった2011年の震災以降の活動をご紹介。

細野晴臣デビュー50周年記念展
「細野観光1969 - 2021」

英語タイトル:「Hosono Sightseeing 1969 - 2021」

公開日時:2021年11月12日(金)~2021年12月7日(火)
開館時間:10:00-20:00
会  場:グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ

入 場 料:
一般¥1,500
高校生・専門学校生・大学生・シニア(65歳以上)¥1,000
中学生¥500
小学生以下無料
-以下グッズ付きチケット―
チケットケース付き ¥1,700
「細野観光」特製トートバッグ付き ¥2,500
図録『細野観光1969-2021』増補版付き ¥5,000
図録『細野観光1969-2021』増補版+特製トートバッグ付き ¥6,000
SPECIALチケット(チケットケース+図録『細野観光1969-2021』増補版+特製トートバッグ) ¥6,200

チケット販売:10月2日(土)より先行予約スタート
e+(イープラス) https://eplus.jp/hosonokankou/

公演詳細

※画像はすべてイメージです。

プロフィール

細野晴臣
1947年東京生まれ。音楽家。

1969年「エイプリル・フール」でデビュー。1970年「はっぴいえんど」結成。73年ソロ活動を開始、同時に「ティン・パン・アレー」としても活動。78年「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成、歌謡界での楽曲提供を手掛けプロデューサー、レーベル主宰者としても活動。YMO散開後は、ワールドミュージック、アンビエント・ミュージックを探求、作曲・プロデュース、映画音楽など多岐にわたり活動。

細野晴臣 公式サイト
http://hosonoharuomi.jp
細野晴臣 YouTube Official Channel
https://www.youtube.com/channel/UCQR1koU9Qx2iMXFN5dYKBOQ
インスタグラム
https://www.instagram.com/hosonoharuomi_info/
ツイッター
https://twitter.com/hosonoharuomi_

お知らせ一覧へ戻る